出光興産は、7月の石油製品の卸価格の変動幅を発表した。

7月のガソリン卸価格は前月と比べて1リットル当たり2.3円引き上げた。

原油調達コストが高止まりしているのに加え、夏の需要期に入って需給が引き締まっているため。

軽油の卸価格は1リットル当たり0.1円引き下げた。灯油も2.5円の引き下げ、A重油が2.1円の引き下げで、ガソリンだけ卸価格が引き上げられた。