フィスカー・カルマ

米国のフィスカーオートモーティブ社が開発したエンジン併用型レンジエクステンダー(航続距離延長)EVスポーツ、『カルマ』。同車の量産第1号車が納車された。

カルマの最初のキーを受け取ったのは、レイ・レーン氏。フィスカーオートモーティブ社の会長であり、カーネギーメロン大学やヒューレット・パッカード社の理事も務める人物だ。

カルマは、2個の強力なモーター(最大出力403ps、最大トルク132.6kgm)を搭載。約80kmをゼロエミッション走行できる。二次電池は蓄電容量22kWhのリチウムイオンバッテリーで、家庭用コンセントから充電可能だ。

GMのシボレー『ボルト』と同様に、発電専用エンジンを搭載。バッテリー残量が少なくなると、GM製の直噴2.0リットル直列4気筒ターボエンジンが始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。これにより、最大航続距離は約480kmまで伸びる。

アルミスペースフレームにアルミ複合素材を組み合わせたボディは軽量に仕上げられ、0-96km/h加速5.9秒、最高速度201km/hのパフォーマンスを実現。米国でのベース価格は、8万8000ドル(約700万円)からだ。

カルマの第1号車のオーナーとなったレイ・レーン氏は、「カルマの開発に携わった全社員の夢を乗せて、誇りを持ってドライブしたい」とコメントしている。

カルマの最初のオーナーとなり、メディアの取材を受けるフィスカー社のレイ・レーン会長 カルマの最初のオーナーとなり、メディアの取材を受けるフィスカー社のレイ・レーン会長 カルマの最初のオーナーとなり、メディアの取材を受けるフィスカー社のレイ・レーン会長