フリードスパイク

ホンダは2012年3月期の通期連結決算業績見通しを上方修正した。

東日本大震災の影響による部品不足で四輪車を減産してきたが、想定していたより前倒しで生産が通常レベルにまで回復する見通しとなった。

このため、売上高を従来予想よりも4000億円増の8兆7000億円に上方修正した。

営業利益も700億円増の2700億円となる見通し。経常利益が700億円増の2850億円に上方修正した。

最終利益は1950億円を予想していたが2300億円になる見通しだ。

フィット