フォルクスワーゲンのSUV、トゥアレグ

7月29日、米国で販売する乗用車とライトトラック(SUV/ミニバン/ピックアップトラック)に適用する54.5マイル/ガロン(約23.2km/リットル)の2025年新燃費規制を発表した米オバマ政権。これに異を唱える自動車メーカーが現れた。ドイツのフォルクスワーゲンだ。

これは7月29日、同社の米国法人、フォルクスワーゲンオブアメリカのトニー・セルヴォーン副社長が、声明という形で発表したもの。フォルクスワーゲンは、オバマ政権の新燃費規制に反対との立場を表明したのだ。

理由は、ライトトラック(SUV/ミニバン/ピックアップトラック)よりも、乗用車に不利な内容だから。フォルクスワーゲンの主張によると、新燃費規制は乗用車に毎年5%の燃費改善を求めている。一方、ライトトラックの燃費改善率は、毎年3.5%。これでは、燃費の悪い大型ピックアップトラックなどから、燃費のいい乗用車へのシフトが進まないというわけだ。

フォルクスワーゲンの米国車種でライトトラックに分類されるのは、SUVの『トゥアレグ』とミニバンの『ルータン』程度。大型ピックアップトラックなど、ライトトラック系車種を多くラインアップするのは、GM、フォードモーター、クライスラーグループだ。

フォルクスワーゲンのミニバン、ルータン