フタバ産業は、事業が拡大している中国に地域統括会社を9月に設置すると発表した。

現在、中国常州市にある双叶金属制品(常州)を再編し、地域統括会社を新設する。同社は中国に6社の連結子会社を運営、中国で積極的な事業を展開してきた。今後もビジネスの拡大が見込まれ、中長期の成長戦略でも重要市場の一つである中国で、更なる事業強化に向けた意思決定の迅速化に対応していくため、統括会社を置く。

統括会社は「双叶(常州)管理」は、中国のフタバ産業グループの統括と管理支援を行う。資本金は200万ドルで、フタバ産業が100%出資する。