5.5リットルV型12気筒ツインターボエンジンを積むメルセデスベンツSL600

メルセデスベンツの最上級ロードスター、『SLクラス』。同車の海外向け2012年モデルでは、V型12気筒エンジンの設定が中止されたことが分かった。

これは7月28日、自動車メディアの『duPont REGISTRY』が伝えたもの。同メディアによると、メルセデスベンツは2012年モデルのSLクラスのラインナップから、V12エンジンを積む「SL600」グレードを削っており、これは2013年に登場すると見られる次期型への布石だという。

同メディアの指摘どおり、ドイツ本国のメルセデスベンツの公式サイトからは、SL600が消滅。また、米国や英国の公式サイトからも、SL600は消えている。

SLクラスにV12エンジンが設定されたのは、1992年。4代目のR129型に、「600SL」が追加されたのが最初だった。以来、SLクラスの頂点として、V12エンジンは君臨してきた。

2013年に発表されると見られる次期SLでは、V12は用意されず、V8エンジンが主力に位置づけられるもよう。もはや、V12エンジンはSLクラスでの役割を終え、次期型ではエンジンのダウンサイジングが図られるということだろう。

5.5リットルV型12気筒ツインターボエンジンを積むメルセデスベンツSL600 5.5リットルV型12気筒ツインターボエンジンを積むメルセデスベンツSL600 メルセデスベンツSLクラスのV12エンジン設定中止を伝える『duPont REGISTRY』