アヴェンタドールのライン《撮影 内田俊一》

欧州などでオーナ向けデリバリーが始まったランボルギーニ『アヴェンタドール』。イタリア、サンタガタ・ボロニェーゼの生産ラインでは、5月末時点で1日1台の生産が行われていた。

現在ランボルギーニの生産ラインは大きく2本。ひとつは既存車種の『ガヤルド』で、2003年から稼働している。もうひとつはこのアヴェンタドールで、以前『ムルシエラゴ』で使われていたラインがアヴェンタドール用となった。

「1日に最大で3台から4台がこの生産ラインの稼働能力です」と話すのはアウトモビリランボルギーニS.p.A.コミュニケーション&エクスターナルリレーションズのキアラ・サンドーニさん。しかしアヴェンタドールの生産は2月に始まったばかりなので、1日1台の生産となっているという。そして、その完成車は、サンタアガタ(ランボルギーニ本社の所在地)近辺の道路でテストされる。「一般道で大体25km、高速道路で50kmほどのテスト走行を行います」。

このアヴェンタドール、約18か月分の予約が入っており、好調な滑り出しとなったようだ。

アヴェンタドールのライン《撮影 内田俊一》 アヴェンタドールのライン。間もなく完成。《撮影 内田俊一》 アヴェンタドールの完成車《撮影 内田俊一》 ガヤルドのライン《撮影 内田俊一》 ガヤルドのライン。スパイダーやトリコローレなどが混在している。《撮影 内田俊一》