2012年モデルで表情を一新するホンダの北米向けSUV パイロット

新型『CR-V』を示唆したコンセプトカーの写真を公開したばかりのホンダ。米国では、CR-Vの兄貴分に当たる『パイロット』にも、大幅な改良が加えられる。

初代パイロットは2002年発表。CR-Vをひと回り大型化したボディを持つ北米専用SUVだ。2代目は2008年にデビュー。エンジンは3.5リットルV型6気筒ガソリンで、最大出力250ps、最大トルク35kgmを発生する。

現行型のデビュー3年目で登場する2012年モデルでは、初の大がかりな改良を実施。横基調のメッキグリルが採用され、表情を一新した。

ホンダは現時点で、2012年モデルの詳細を公表していない。5速ATに代わる6速ATの採用、インテリアのアップグレードなどが図られると見られる。

パイロットは2010年、米国で年間10万2323台を売り上げ、前年比22.8%増の伸びを示した。2012年モデルの投入で、ホンダはさらなる販売上乗せを狙う。