TRWオートモーティブ・ホールディングスは、9月13日から25日まで開催されるフランクフルト国際モーターショーに、コンセプト「SAFETY FOR ALL(すべての人に安全を)」を実現する先進的な安全技術を公開すると発表した。

今回、最新開発技術として新世代のレーダー技術を活用した全方位障害物検知対応の短距離デュアルアンテナ・レーダー技術を公表する。

設計の簡素化と機能強化を同時に実現する次世代ブレーキシステムとして、エンジンの負圧に依存しないブレーキブースターとブレーキ制御システムなどの最新技術も発表する予定。

同社では今回、手頃な価格で先進国、新興国市場双方の消費者ニーズに対応するソリューションに焦点を当て、インテリジェントセーフティ、コグニティブセーフティ(先進的安全)の分野での最新技術を広く紹介する。

さらにモーターショー開催期間中、TRWのブースでは安全技術の技術紹介プレゼンテーション、技術デモンストレーション、実感体験シミュレーション装置を通じて、実際に目で見たり、実際に触れて体感してもらう。

同社では、開発した数々の新しい革新技術を公開し、車両の安全性向上に貢献するグローバルリーダーとしての確固たるポジションを改めて示すとしている。