駐車場案内図

公益財団法人「東京都道路整備保全公社」(有留武司理事長)は、同公社が運営する東京都駐車場5か所で、路上放置駐車を解消するための対策を実施する。

短時間駐車の利用促進を図るために、駐車から30分未満の駐車料金を無料にするほか、荷さばきのための駐車利用も認める。

中央区八重洲・日本橋周辺にある5か所の都営駐車場約1000台の駐車スペースを対象に実施。さらに公社が管理する一部駐車場でも同様の取り組みを拡大する。

5つの都営駐車場は東京駅前、京橋、銀座という都心の一等地の道路下にある地下駐車場。多くの商業施設が密集して、短時間駐車の需要が高く、荷物の集配も多い。これらの車両を駐車場に誘導することで、交通の円滑化に役立つことが期待される。

サービス開始は8月1日から。短時間駐車については30分間無料ではなく、30分を超える駐車については駐車開始時間からの料金が必要になる。

また、荷さばき駐車は地下駐車場の構造上、高さ2m、長さ5.2m、幅2.1m以内の車両が受け入れ可能。

いずれの駐車場も係員が常駐し、24時間利用できる。