イメージ

27日午前1時15分ごろ、千葉県千葉市中央区内の県道で、自転車で道路を横断していた18歳の男性に対し、進行してきた乗用車にはねられる事故が起きた。男性は死亡。クルマは逃走したが、警察は後に出頭してきた41歳の女を逮捕している。

千葉県警・千葉中央署によると、現場は千葉市中央区塩田町付近で片側1車線の直線区間。信号機や横断歩道も設置されている。18歳の男性は信号に従って横断していたとみられるが、猛スピードで進行してきた乗用車にはねられたものとみられる。

男性は弾き飛ばされた際に全身を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡した。クルマは止まらずに逃走しており、警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始した。

27日午後になり、市原市内に在住する41歳の女が「自分がやった」として警察へ出頭。クルマに衝突痕の確認ができたことから、自動車運転過失致死や道路交通法違反(ひき逃げ、無免許運転)容疑で逮捕している。

調べに対して女は「無免許運転の発覚を恐れて逃げた」などと供述しているようだ。警察は女が日常的にクルマを運転していたものとみて、余罪についても追及する方針だ。