年内発売予定のシボレーソニックが日本初公開となった。世界戦略車として展開する小型ハッチバックだ。《撮影 宮崎壮人》

ゼネラルモーターズ・ジャパンは28日より、30日に販売を開始する新型SUV『キャプティバ』のメディア向け試乗会を開始した。これに合わせ、会場となった東京・品川区の同社本社では、年内に導入予定の小型車『ソニック』の先行公開がおこなわれた。

シボレーとして日本市場ではこれまで、『カマロ』や『コルベット』といった高級スポーツカーや大型SUVなどアメリカを象徴するモデルを導入してきたが、世界戦略ブランドとしてのシボレーのブランド強化を図るため「潜在ターゲットをメインストリーム・セグメントへ拡大する」として、ファミリーカー市場に本格参入する。その第一弾が中型SUVキャプティバ、そして小型ハッチバック車のソニックとなる。

ソニックはキャプティバ同様、シボレーのブランドコンセプトである“Cool(かっこいい)”、“Fun(楽しい)”、“Freedom(自由な)”といったイメージを具現化したモデル。ヘッドライトやメーターのデザインなどにバイクのモチーフを取入れ、若々しくスポーティなデザインとしているのが特徴。

日本仕様の排気量は明らかにされていないが、新世代のダウンサイズエンジン「エコテック」を搭載する。今回初公開となったソニックの外装色はシルバー。右ハンドルでトランスミッションはATだ。

GMジャパンのセールス・マーケティング・ディレクター、グレッグ・セデウィッツ氏は、「日本の小型車市場が激しいマーケットであることは承知している。その中でシボレーならではの情熱、大胆なデザイン、実用性をアピールしていきたい。他の意欲的なモデルの投入も検討している」として、日本でのさらなる販売拡大をめざす構えだ。

シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー ソニック《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 試乗会に登場したシボレーカップケーキと、ボルトのトランスフォーマー《撮影 宮崎壮人》