マツダ デミオSKYACTIV《撮影 宮崎壮人》

マツダの主力コンパクトカー『デミオ』。6月に登場したマイナーチェンジモデルの最大の目玉は、新エンジン「SKYACTIV-G」の採用で10・15モード走行時30km/リットルという公称燃費を達成したエコグレード『デミオ 13-SKYACTIV』だろう。箱根・芦ノ湖スカイライン界隈でその新デミオをテストドライブする機会を得た。

マイナーチェンジではシリーズ全車についてボディ補強が行われ、それとともにサスペンションの大幅な再セッティングが施された。一般道を走行してみると、従来のマツダ車に比べてサスペンションが相当柔らかくなり、ハーシュネス(突起などを踏んだときの突き上げ感)が大幅に弱められている。当たりの柔らかい乗り心地を重視したセッティングは、兄貴分にあたるファミリーカーの現行『アクセラ』がトップバッターだったが、デミオはさらに乗り心地重視であるように感じられた。

「乗り心地を柔らかくすることができたのは、ダンパー取り付け部まわりをはじめ、ボディの強度が向上したためです。それまではボディの変形ぶんを考慮すると、あまり柔らかいブッシュ(路面からの衝撃を和らげる樹脂部品)を使うことはできませんでした。ハンドリングが悪くなってしまうためです。今回のマイナーチェンジでボディの変形が非常に少なくなったため、ブッシュの変形量をかなり大きく取って乗り心地を向上させてもハンドリングを犠牲にせずにすむようになったんです」(デミオ開発副主査・栗原洋治氏)

サスペンションを柔らかくしたことで、古い高速道路や地方道など車体が上下にゆっくり揺さぶられるような動きが出るうねった路面は少し苦手科目になった感がある。が、都市部の道路など大半のドライブ環境では確実に乗り心地の向上の恩恵を受けられるものと思われる。また、乗り心地を重視してはいるが、コーナリング性能自体はベーシックカーとしてはハイレベルで、ステアリングインフォメーションの薄さに慣れれば軽快なワインディングロードドライブを楽しめるようになるだろう。

マツダ デミオSKYACTIV《撮影 宮崎壮人》 マツダ デミオSKYACTIV《撮影 宮崎壮人》 マツダ デミオSKYACTIV《撮影 宮崎壮人》 デミオSKYACTIV開発者の方々《撮影 宮崎壮人》