シロキ工業は、インドネシアに自動車用ウインドレギュレータやシート部品を製造する工場を新設すると発表した。

インドネシアの西ジャワ州ブカシ県に新会社「PT.シロキ・インドネシア」を9月に設立する。資本金は250万ドル(約2億円)で、シロキ工業が100%出資する。

新会社は自動車用ウインドレギュレータ、シート部品を2012年後半から生産する予定。従業員数は2015年に約70人を見込んでいる。

同社の主要納入先である日産自動車がインドネシアでの生産体制を強化する方針で、同社もインドネシアに進出する。新会社は2015年に売上高約1700億ルピア(約15億円)を目指す。