日産自動車、2011年度第1四半期決算発表

全体相場は反落。米国市場の下落、円高を嫌気し、輸出関連株に売りが先行。好業績銘柄に買いが入ったが、平均株価は前日比50円53銭安の1万0047円19銭と反落して引けた。

円相場が1ドル=77円台で高止まりしたことが売りを誘い、自動車株は全面安。トヨタ自動車が40円安の3255円、ホンダが55円安の3145円と反落。日産自動車も16円安の848円と反落した。

日産は4〜6月期の連結決算を発表、純利益が前年同期比20%減の約850億円となった。欧州、中国向けなど販売は堅調だが、円高、原材料高が響いた。

ダイハツ工業が6円高の1362円と反発。