全国軽自動車協会連合会がまとめた2011年上半期(1〜6月)の軽四輪車中古車販売台数は前年同期比3.0%増の143万4651台と5年ぶりに前年を上回った。

東日本大震災による津波で大量の車両が流出・冠水したことなどから、古の軽自動車の需要が高まったため。

車種別では乗用車が同1.7%増の102万0705台となった。貨物車が同6.5%増の41万3946台。貨物車のうち、バンは同1.0%増の22万1731台で、トラックが同13.5%増の19万22115台。

ブランド別では、全ブランドが前年上回った。