日野自動車・山本章正専務取締役≪撮影 小松哲也≫

日野自動車の山本章正専務取締役は26日、8月と9月に国内工場で2〜5日間の休日出勤を実施することを明らかにした。山本専務は同日都内で開いた決算会見後、一部報道陣に語った。

山本専務は現在の生産状況について「6月には大体100%稼働になったので、震災直後に考えていたよりも(復旧が)早かった。造れない車はない」とした上で、「休日出勤もこれからは出てくる」と述べた。

山本専務は「休日稼働は8月と9月の木曜日に、ラインによって違いがあるが2日から5日間を予定している。また残業は1シフトあたり1時間から1.5時間行う」ことも明らかにした。

日野は2011年度の世界販売で前年度比13%増の12万8000台を計画している。4-6月期の販売台数は、震災影響で生産できなかったことで、前年同期比11%減の2万2614台にとどまった。しかし7月以降は増産に転じ、4〜9月の販売では前年同期比11%増の5万8000台を見込んでいる。