日野自動車決算会見≪撮影 小松哲也≫

日野自動車が26日発表した2011年4〜6月期連結純損益は49億円の赤字となった。東日本大震災の影響で生産が大きく落ち込んだことに加え、為替が円高で推移したことも響いた。前年同期の純損益は31億円の黒字だった。

日野自動車の川?卓夫常務執行役員は同日都内で会見し、「需要面では全然問題ないが、震災による生産の影響を受け、供給の問題からマイナスになった」と説明した。

4〜6月期の連結売上台数は前年同期比12%減の2万1737台、またトヨタ向けの車両売上台数は44%減の2万2466台だった。こうした売上台数の減少により営業利益段階で78億円の減益要因となった。

また為替が対ドルで「8円の円高、アジア通貨も円高に振れた」(川?常務)ことで、20億円の営業減益要因になったほか、生産ラインの稼働停止に伴って発生する費用など災害による損失として61億円を特別損失に計上したことで、最終赤字を余儀なくされた。

ただ川?常務は「4〜6月期は残念ながら需要がありながらタマ不足ということであの数字になったが、現在、生産は100%になっており、7〜9月期以降は収益として改善されてくる」との見通しを示した。通期の純利益予想は据え置きの120億円。