【トヨタ 安全技術 体験会】21種200体のダミー人形 《撮影 中尾真二》

衝突実験では数十から場合によっては数百チャンネルものセンサーを搭載したダミー人形が欠かせない存在だ。トヨタでは、さまざまな衝突実験のために21種類、200体ものダミー人形を用意している。

自動車を運転、または乗車する人の年齢や体型は千差万別であり、妊婦や胎児といった存在も考慮する必要がある。21種類も用意しているのは、自動車アセスメントや各国NCAPで利用される標準的なダミーだけでいくら高い数値を出しても「それは、入学試験の成績のようなもので、本当の実力とは違うのではないか」(トヨタ広報部)との考え方からだ。

写真にあるいくつかのダミーはトヨタ独自に開発したものも含まれる。例えば、小柄な成人女性を想定したダミーや、歩行者の安全性を確保するためのダミーなどがそうである。歩行者ダミーは、直立した形で自動車を実際にぶつけた場合の衝撃やダメージを計測する。

また、ダメージを正しく計測するため、ダミーのメンテナンスも重要だそうだ。正しい強度や動きをするようにダミー自体のテストや調整も専用の設備や工具で、プロフェッショナルが行っている。

鞭打ち解析用ダミー《撮影 中尾真二》 小柄の女性を想定したダミー《撮影 中尾真二》 側面衝突用ダミー。センサー類も増設されている《撮影 中尾真二》 子供ダミー各種。チャイルドシート、ジュニアシートのテストなどにも利用する《撮影 中尾真二》 幼児ダミーと、テストによく使われる標準的なAM50ダミー《撮影 中尾真二》 左から、可動部分を増やしたAM50ダミー、センサーチャネルを大幅に増やした次世代ダミー、妊婦・胎児を想定したダミー、歩行者へのダメージを計測するダミー《撮影 中尾真二》 顔面(眼球、鼻、ほほなど)へのダメージを解析するダミー《撮影 中尾真二》 ダミーのメンテナンス・調整を行う部屋《撮影 中尾真二》 ダミーの性能試験。胸の強度や特性が正しいかどうかを、ステアリングコラムに見立てたおもりを振り子のようにしてあてる《撮影 中尾真二》 ダミーのあばら骨に相当する部品。金属に炭素を含んだ樹脂を貼り付けている。この厚さによって強度や特性を調整する《撮影 中尾真二》 首の動きを規制するワイヤーを調整するトルクレンチ《撮影 中尾真二》