東北自動車道(6月上旬)《撮影 池田忍》

大畠章宏国土交通相は26日の閣議後会見で、東北地方の高速道路を乗り降りするトラックの無料化措置を悪用し、常磐道水戸インターなどで高速を降りてから、東北とは関係のない地域へ走行している問題について「被災地域の復興のための施策であり、悪用しないでほしい」とトラック運送業界に協力を呼びかけた。

こうした悪用は、常磐道水戸インターのほか、東北道白河インターなどでも確認されており、Uターンするトラックが通学路等の生活道路に進入し、周辺地域の安全への影響も懸念されている。

大畠国交相は「同時に何らかの対応策を取れないか、関係部署に検討させているところだ」と述べた。

全日本トラック協会はこれに先立つ22日に、全国の各都道府県トラック協会に対し、「このような行為が横行すると、被災地の復旧・復興に携わっている事業者に迷惑をかける。事故が起こると無料化施策が取りやめになる可能性もある」などとして文書で協力を呼びかけた。

東北自動車道(6月上旬)《撮影 池田忍》 東北自動車道(6月上旬)《撮影 池田忍》 宮城県石巻市〜女川町付近(6月上旬)《撮影 池田忍》 宮城県石巻市〜女川町付近(6月上旬)《撮影 池田忍》 仙台空港付近(6月上旬)《撮影 池田忍》