HEMSの構成図

NECは26日、家庭内の電力利用量や電気料金を、クラウドで「見える化」できるシステム(HEMS)を、8月1日から住宅メーカーや工務店など企業向けに販売開始すると発表した。

同社のシステムは、新築、既築、いずれの住宅にも設置可能。家庭内で使用している家電製品の種類・メーカーを問わず利用できる。

家庭に設置されている分電盤のブレーカーごとにセンサーを取り付けることで、部屋単位の電力消費量や太陽光発電システムの発電量など、パソコンの画面上で、家庭内の電力利用量を見える化を可能としている。

当日分、日別、月別、年別の各電力利用量の表示はもちろん、季節や時間帯で変動する電気料金の情報をクラウド側で管理することで、利用者はより正確な料金を把握でき、節約意識の向上にも貢献する。

また、同社はクラウドを利用し、利用量などのデータから統計管理、傾向分析を行うなど、利用者に対して様々なサービスを提供するとしている。

電力利用量「見える化」のPC画面イメージ