ヴェヌーシア コンセプトカー(上海モーターショー11)《撮影 宮崎壮人》

日産自動車は26日、中国合弁会社、東風汽車有限公司の新中期経営計画を発表した。2015年に10年実績の100万台増にあたる230万台の販売を目指す。

東風汽車では15年の販売台数を230万台とし、将来の市場シェア10%を見込んでいる。東風汽車の一事業部で乗用車の開発・生産・販売を行う東風日産乗用車公司は自主ブランド「ヴェヌーシア」(中国名=啓辰)の新型車を12年上期から5車種投入し、15年には年間30万台の販売を目指す。

東風汽車は2010年に130万台の販売を達成したため、新たに高い目標を掲げた。大幅な販売拡大を達成するため現地生産能力を15年に230万台以上に大幅に拡大する。

日産ティーダ新型(上海モーターショー11)《写真 工藤貴宏》 日産 プレスカンファレンス(上海モーターショー11)《撮影 三浦和也》 日産 コンパクトスポーツコンセプト(上海モーターショー 11)《撮影 宮崎壮人》 日産プレスカンファレンス(上海モーターショー 11)《撮影 三浦和也》 東風日産の新ブランド「ヴェヌーシア」(上海モーターショー11) 日産の中国合弁会社、東風汽車有限公司が新中期経営計画を発表 日産の中国合弁会社、東風汽車有限公司が新中期経営計画を発表 日産の中国合弁会社、東風汽車有限公司が新中期経営計画を発表