VWゴルフ現行型(写真はゴルフR)

フォルクスワーゲンの主力モデル、『ゴルフ』。その次期型の方向性が見えてきた。

これは英国の自動車メディア、『AUTOCAR』が伝えたもの。同メディアによると、次期ゴルフは現行型よりもスポーティさを強調したデザインを採用。低いルーフラインや、寝かされたフロントウインドスクリーン、低いドライビングポジションなどが特徴になるという。

これは、MPVの『ゴルフプラス』と明確な差別化を図るのが、ひとつの狙い。また、ハッチバックに関しては、5ドアよりも3ドアに、スポーティなデザインが与えられるもようだ。

7世代目となる次期ゴルフ。早ければ2012年内には、その姿を現すと見られている。

VWゴルフ現行型 VWゴルフプラス 次期ゴルフのデザインの方向性を伝える英『AUTOCAR』スクリーンショット