アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》

アウディジャパンは24日、『R8 GT』の日本導入を発表した。同日、発表会場となった富士スピードウェイではスーパー耐久第2戦が開催され、R8 GTのサーキット仕様「R8 LMS」が出走、見事優勝を果たした。報道陣に公開されたR8 LMSの姿を、写真とともに紹介する。

アウディは『Vorsprung durch Technik(技術による先進)』をスローガンに、市販車だけでなくモータースポーツ活動への参加も積極的におこなっている。これはモータースポーツで得られた先進の技術を市販車へもフィードバックさせることが目的。

ヨーロッパでの活動をメインとしてきたアウディだが、2011年度よりアジアのモータースポーツ活動への積極的なサポートも開始。GT3カテゴリーマシンとして各国に提供しているR8 LMSを日本にも導入、今シーズンよりスーパー耐久レースに参戦するHitotsuyama Racingチームが採用、めざましい戦果をあげている。

ストリート仕様のR8 GT、サーキット仕様のR8 LMS、ともに市販車の「R8 5.2 FSIクワトロ」がベースとなっている。2台の大きな違いは、GTが4輪駆動なのに対し、LMSではGT3カテゴリーのレギュレーションに合わせ後輪駆動としている点だ。

Hitotsuyama Racingへの導入をサポートするノバ・エンジニアリング取締役の森脇氏は、「R8 LMSの日本導入を聞き、アウディのモータースポーツへの熱意を感じた。かつてグループCのマシンとして『ポルシェ956』が導入された際、新たな時代を感じたが、R8 LMSにも同じものを感じる。多くの人にこの喜びを伝えるため、しっかりと輸入し、サポートしていかなければと感じた」と語っている。

同日、スーパー耐久第2戦に出走したHitotsuyama RacingのR8 LMSは、第1戦に引き続き見事優勝。大会新記録となる132周の走破を果たした。

アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 アウディR8 LMS(Hitotsuyama Racing)《撮影 宮崎壮人》 ストリート仕様のR8 GT《撮影 宮崎壮人》