日野デュトロ

日野自動車が発表した6月の生産・国内販売・輸出実績によると、グローバル生産台数は前年同月比18.2%増の1万2100台となった。

国内生産は同24.9%増の1万1403台と4か月ぶりに前年を上回った。東日本大震災の影響による部品不足が解消し、生産は正常化、輸出が好調で大幅に伸びた。

国内販売は同34.1%減の1712台と大幅マイナスとなった。普通トラック市場のシェアは37.4%で、前年同月よりも2.0ポイントアップした。

輸出は同5.6%増の7165台で4か月ぶりにプラスとなった。北米、中南米、アジア、アフリカ、ヨーロッパに向けが増加した。

海外生産はアジアの減少で同36.9%減の697台となった。