写真は二輪車第2工場

ホンダは、ベトナムの二輪車・四輪車の生産販売合弁会社であるホンダベトナムカンパニー・リミテッド(HVN)が、成長を続けるベトナム二輪車市場の需要に対応するため、二輪車第3工場を新設し、年間生産能力を50万台拡大すると発表した。

HVNは、1997年に二輪車の生産を開始し、2011年までに200万台の生産体制を構築してきた。第3工場の建設で、HVNの生産能力は年間250万台となる。

第三工場は、ハノイ市の南方約40kmにあるハナム省に新たに建設する計画。総投資額は約1億2000万米ドル(約96億円)となる見通しで、2012年後半に稼働開始する予定。

ベトナムの二輪車市場の2010年の販売台数は269万台で、前年比約2割増と堅調に推移し、中国・インド・インドネシアに続く世界第4位の市場となっている。ベトナムでは生活に二輪車が深く根付いており、今後の経済成長とともに二輪車市場の拡大が予測される。今回の第3工場を建設して生産能力を増強、市場への供給体制を強化する。

第3工場ではスクーター系を生産する計画。生産能力は年産50万台で、従業員数は約1800人の予定。