レクサスLFAイメージ

トヨタ自動車は、地域交流活動の一環として8月7日、同社施設トヨタ会館で夏休みイベント『トヨタ会館で遊ぶ夏休み2011』を開催する。

夏休みを迎えている子供達とその家族、トヨタ会館来館者を対象に「モノづくり」「交通安全啓発展示」「i-unit/LFA乗車体験」を提供する。

「モノづくり」では、ソープボックスを使ってミニカーを組み立て、専用コースで走行タイムを競う「ソープボックスモックカー組立&タイムトライアル」を実施する。シリコンホイップとラインストーンなどを使ってオリジナルキーホルダーを製作する工作教室、ラインストーンをイメージした樹脂製のシールを使ってミニカーを飾り付ける「デコカー製作体験」も実施、親子で協力してモノを作り上げる喜びを体験してもらう。

「交通安全啓発」では、トヨタの交通安全キャラクター「クック」との記念撮影や「クック」のぬり絵プレゼント、暗闇での反射材の効果を体感できる展示を実施する。

「i-unit/LFA乗車体験」では、一人乗りの未来コンセプトビークル「i-unit」やレクサスのスーパースポーツ「LFA」の運転席に座って記念撮影ができるコーナーを設置する。

また、東日本大震災で被災した地域の支援活動を継続的に推進する「ココロハコブプロジェクト」の一環として、工作教室などで集めた材料費を全額寄付する。ココロハコブ募金箱を会場内にも設置し、イベントで集めた募金、寄付金は震災遺児支援を目的に「東日本大震災みやぎこども育英募金」に寄付する。