マツダが震災後に発売したデミオの「13-SKYACTIV」

マツダが25日発表した6月の生産・販売状況によると、世界生産台数は前年同月比1.3%減の11万3786台と小幅なマイナスにまで回復した。

国内生産が東日本大震災による部品不足で減産を余儀なくされてきたが6月は同2.3%減の8万0114台とほぼ前年並みのレベルにまで回復してきた。

海外生産は同1.2%増の3万3672台と前年を上回った。

国内販売は同31.8%減の1万3537台と大幅マイナスとなった。減産の影響で新車の供給は依然として遅れており、『デミオ』や『プレマシー』などが大幅マイナスとなった。国内シェアは3.8%で前年よりも0.6ポイントダウンした。

輸出は同3.0%増の7万2293台と前年を上回った。北米は同13.6%減となったものの、欧州が同29.0%増、オセアニアが同40.0%増と高い伸び率となった。

マツダ デミオと山内孝社長