アバディプロジェクト位置

国際石油開発帝石は、インドネシア共和国アラフラ海マセラ鉱区のアバディガス田の開発でロイヤル・ダッチ・シェルを戦略的パートナーに選定し、保有権益90%のうち、30%をシェルの関連会社に譲渡することで合意した。

マセラ鉱区は、インドネシア東部のアラフラ海に位置し、鉱区面積は3221平方kmで、鉱区の水深は300〜1000m。

国際石油開発帝石は、子会社インペックスマセラアラフラ海石油を通してPT EMPエネギー・インドネシアとともにオペレーターとして同鉱区の探鉱作業を実施し、2000年に掘削した試掘井「Abadi-1」でアバディガス田を発見した。その後、6坑の評価井掘削を含むガス田評価作業を実施、同ガス田には液化天然ガス(LNG)開発に充分な天然ガス埋蔵量があることを確認した。

その後、浮体構造に天然ガス液化設備を搭載したフローティングLNG方式によるアバディガス田の開発検討作業を進め、2010年12月に、アバディガス田を段階的に開発すること、その第一次開発としてLNG年産250万トンサイズのFLNG1基による開発計画がインドネシア政府から承認された。現在は、アバディガス田の開発に向けた基本設計作業を2012年前半を目途に開始に向けて準備作業を行っている。

アバディプロジェクトは洋上の大規模LNGプロジェクトであることの技術的特性を踏まえ、LNGビジネスや大規模洋上プロジェクト開発で長年の実績を持つ企業との戦略的パートナーシップが重要と判断、世界有数の石油会社であるシェルを戦略的パートナーとして迎えることにした。

シェルのアバディプロジェクトへの参画でシェルのFLNGプロジェクトの経験・知見を生かすことでプロジェクトを着実に遂行していく方針だ。