アウディR8 GTは、GT3カテゴリーのレーシングカー「R8 LMS」のストリート仕様に位置づけられる、アウディの市販車最速モデルだ。《撮影 宮崎壮人》

アウディジャパンは24日、高性能スポーツカー『R8』に、モータースポーツで培った軽量化技術を惜しみなく注ぎ込んだ限定モデル『R8 GT』を発表した。会場には、「R8 GT発表の場にふさわしい」(大喜多寛社長)として、富士スピードウェイが選ばれた。

R8 GTは、ベースとなった「R8 5.2FSIクワトロ」と比べ110kgもの軽量化を実現。フロントウインドウ、ボンネットのほか、バルクヘッド、バンパー、バケットシートなどインテリアやテクノロジーも含め、徹底的に重量を削減した。

5.2リットルV10エンジンは、35psアップし最大出力560psを発揮。最大トルクも10Nm強化され、6500rpmで540Nmを発揮する。駆動方式はアウディ独自の4WD「クワトロ」が組み合わされ、パワーウエイトレシオは2.72kg/ps、0-100m加速はアウディ市販モデル最速の3.6秒だ。

ブレーキシステムにはベンチレーション機能を備えたカーボンファイバーセラミックディスクをオプションで設定。スチール製ディスクと比べ9kgもの軽量化を実現するだけでなく、制動力の向上にも貢献する。また、レッドのアルマイト加工が施されたブレーキキャリパーはR8 GT専用となる。

GT3カテゴリーに参戦するレーシングカー「R8 LMS」のストリートバージョンに位置づけられるR8 GTだが、オートエアコン、ナビゲーション&サウンドシステム、アルカンターラをふんだんに使用したインテリアなど、快適性も追求した。

R8 GTは世界限定333台のみの生産となり、日本には5台が導入される。すでにほぼ予約でいっぱいの状態だという。納車は8月以降。

価格は、2742万円。

また同日、発表会場となった富士スピードウェイではスーパー耐久第2戦が開催され、R8 LMSを国内で初めて導入したHITOTSUYAMA RACINGチームが参戦した。

R8 GTとアウディジャパン大喜多寛社長《撮影 宮崎壮人》 アウディ R8 GT《撮影 宮崎壮人》 アウディ R8 GT《撮影 宮崎壮人》 アウディ R8 GT《撮影 宮崎壮人》 アウディ R8 GT《撮影 宮崎壮人》 アウディ R8 GT《撮影 宮崎壮人》 アウディ R8 GT《撮影 宮崎壮人》 アウディ R8 GT《撮影 宮崎壮人》 アウディ R8 GT《撮影 宮崎壮人》 アウディ R8 GT《撮影 宮崎壮人》 アウディ R8 GT《撮影 宮崎壮人》 アウディ R8 GT《撮影 宮崎壮人》 同日、富士スピードウェイで開催されたスーパー耐久第2戦に参戦したR8 LMS《撮影 宮崎壮人》 R8 LMS《撮影 宮崎壮人》 R8 LMS《撮影 宮崎壮人》 R8 LMS《撮影 宮崎壮人》 R8 LMS《撮影 宮崎壮人》