交通ICパーク&ライドサービス

タイムズ24は7月29日から、京阪電車沿線の時間貸駐車場「タイムズ」において、全国で初めて、交通ICカード「PiTaPa」と「ICOCA」の両方で支払いができる電子マネーサービスを導入する。

「PiTaPa」と「ICOCA」を用いて京阪電車の利用者には、駐車料金を優待する「交通ICパーク&ライドサービス」も開始する。

今回、全国の時間貸駐車場で初めて「PiTaPa」と「ICOCA」の決済サービスを導入するのは、「タイムズ桃山六地蔵住宅博」「タイムズ京阪六地蔵駅前」「タイムズ中之島第5」「タイムズ門真駅前第7」の4か所。今回開始するサービスでは「ICOCA定期券」でも駐車料金の決済や「交通ICパーク&ライドサービス」を利用できると、タイムズ24では説明している。

電子マネー決済サービスは、駐車料金を支払う際、小銭を扱う煩わしさがないということで、多くの利用者に支持され、現在568か所のタイムズ駐車場に導入されている。