ガソリン消費量の少ないルートが検索できる「ガソリン節約優先ルート」のサービスイメージ

ナビタイムジャパンは22日、同乗者向け携帯カーナビゲーションサービス『ドライブサポーター』、『EZ 助手席ナビ』、『au one 助手席ナビ』において、「ガソリン節約優先ルート」検索機能の提供を開始したと発表した。

ガソリン節約優先ルートは、これまでの「有料道優先ルート」、「一般道優先ルート」、「距離優先ルート」、3つのルート検索結果に加え、ガソリンの消費をなるべく抑えた「ガソリン節約優先ルート」を表示する機能。

事前に車種を登録することで、車種ごとの燃費データと道路状況に応じた時速を元に、ガソリンの消費をなるべく抑えたルートを表示。さらに、ルート詳細画面では、消費燃料のほか、燃費、ガソリン料金も表示する。

ガソリン節約優先ルートが、他のルートと同じ場合、ルート検索結果画面には「有料道路優先ルート」「一般道路優先ルート」「距離優先ルート」のみの表示となる。

ガソリン消費量の少ないルートが検索できる「ガソリン節約優先ルート」のサービスイメージ ガソリン消費量の少ないルートが検索できる「ガソリン節約優先ルート」のサービスイメージ ガソリン消費量の少ないルートが検索できる「ガソリン節約優先ルート」のサービスイメージ ガソリン消費量の少ないルートが検索できる「ガソリン節約優先ルート」のサービスイメージ