イメージ

21日午前9時10分ごろ、長野県上田市内の県道を走行していた乗用車が路外に逸脱。道路左側にある保育園の敷地内に突っ込む事故が起きた。園庭で遊んでいた3〜6歳の園児6人が次々にはねられて重軽傷。警察は運転していた24歳の男を逮捕している。

長野県警・上田署によると、現場は上田市下之郷付近で片側1車線の緩やかなカーブ。クルマは右カーブを進行中に路外へ逸脱。道路左側のガードレールと鉄製フェンスを突き破り、道路に隣接する市立保育園の敷地内へ進入。園庭で遊んでいた園児を次々にはね、園舎に突っ込んだ状態で停止した。

この事故でクルマの下敷きとなった3歳の男児が全身を強打するなど、3〜6歳の6人が重軽傷を負った。警察はクルマを運転していた松本市内に在住する24歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕している。

調べに対して男は「スピードを出しすぎていた」などと供述している。警察では現場検証を行い、逸脱時の速度特定を進めている。