ミリ波レーダーとステレオカメラを用いたプリクラッシュセーフティシステム(自動ブレーキ)のテスト。

トヨタ自動車は21日に同社の東富士研究所(静岡県裾野市)で報道陣に、前方の車両や歩行者への衝突回避を支援する新たなプリクラッシュセーフティ・システム(PCS)などを公開した。

動画は、筆者も試乗体験した40km/hの走行状態から、ブレーキを踏まなくても自動ブレーキの作動により、車両や歩行者などへの衝突を回避する新たなPCS。車両はレクサス『LS』。40km/hでマネキンに近づくと警報音の後、急停止した。

車両や人間などの検知はミリ波レーダーとステレオカメラによって行う。加えて、「近赤外線投光器」をヘッドランプ内のハイビーム用ランプ付近に装備しており、夜間に作動させる。これによって、通常のランプだけでは難しい夜間の歩行者も検知できるようにした。

追突・歩行者事故対応支援PCS 追突・歩行者事故対応支援PCS 追突・歩行者事故対応支援PCS