片側4車線道路にも溢れる自動車(広東省広州)

急速にモータリゼーションが進展している中国。その実態が、数字から明らかになった。19日、中国公安部が公表したものによると、2011年6月末の時点で、中国のエンジン付き車両(四輪、三輪、二輪を含む)保有台数は、2億1700万台に到達したという。

その内訳は、四輪車が約9846万台。二輪車は約1億0200万台。自家用車は約7206万台で、全四輪車の約7割を占有している。

2011年上半期(1〜6月)で見ると、エンジン付き車両は約1005万台を登録。その中で、四輪車は約760万台に上るという。

中国の2010年の新車販売台数(商用車と輸出を含む)は、1806万1900台。2011年はこの数字を上回り、3年連続で世界最大の新車市場に君臨する可能性が高い。

中国でトップシェアを維持するフォルクスワーゲン(写真はボーラ)