渋滞情報を地図上に表示できるだけでなく、その渋滞を回避するルート表示させ、どちらのルートを走るかボタンで選ぶことができる。ここまでVICSを活用しているカーナビアプリはほかにないだろう。

ナビエリートはローカルに地図を収めると共に、オンラインで得た情報を案内やルート探索に活用してしている。ここでは2つのポイントに絞って解説しよう。


◆iPhoneアプリならではのメリットを最大限に発揮

まずひとつはオンデマンドVICS。純正ナビでも同様の機能はあるが、オプションのデータ通信モジュールや毎月の通信料金が必要となるため、コストがネック。それに対してナビエリートは追加コストが発生しない標準機能となっている。もちろん渋滞情報に基づいた渋滞回避ルート検索が可能で、表示される到着時刻も単純計算ではなく渋滞を考慮したものだ。

もう一つ、iPhoneアプリならではのメリットが地図データの更新だ。ナビエリートでは地図の更新はアプリのバージョンアップという形で提供される。その頻度は2ヶ月に1回程度となっており、かなり頻繁だ。これまでの実績では、2011年1月に発売され、4月に初めての更新が行われると、その後は5月、6月とほぼ一ヶ月ごとに更新されている。もちろんこれらのバージョンアップは、ナビ購入から1年間という利用期間内であれば全て無料だ。


◆車載ナビとしては一般的でも、アプリとしては異端

iPhoneをカーナビ専用機に変えてしまうのがナビエリートのすごいところであり、最大の特徴でもある。iPhoneが本当にカーナビに変身したと考えれば、その性能、使い心地に死角はない。ガイドのわかりやすさは、ライバルのカーナビアプリより明らかに抜きん出ていると言っていいほどだ。その一方で、カーナビ専用アプリとして割り切った部分も部分もある。

例えば、このアプリは横画面専用で、縦画面では使えない。また、カーナビ専用で、徒歩ナビとしては使えない。スマートフォンのナビとして考えれば、徒歩ナビのモードもあっていいように思う。

さらに、iPhoneとのデータの連携にも対応してほしい。例えば、iPhoneの連絡先アプリにある住所に行きたい時、その住所データをナビエリートに渡す方法がない。これはナビエリートから直接に連絡先を参照できないというだけでなく、コピーアンドペーストも不可能。最新のバージョン1.7で、緯度経度情報をナビエリートに渡すことができるURLスキーマに対応したが、もう一歩進めた形でのデータ連係があればさらに使い勝手が増すだろう。

ほかのカーナビアプリによくある、パソコン向けWebサイトとの連携機能もない。そのため、パソコンで見つけたポイントを転送することも不可能で、やはり手動で入力せざるを得ない。軌跡データをファイルで出力してGoogleアースで表示するといった遊び心のある機能も皆無だ。

iPhoneの機能と連携して使えるのは、iPodで音楽再生できることだ。といってもこれはiPhone側のマルチタスク機能を使って、音楽再生とナビが同時に出来るということだが、NAVIeliteには音声案内が流れるときにiPodの再生音をミュートする機能がある。


◆「もっとできる」と思わせるナビアプリ

要望点もいくつか書いてしまったが、前述のとおりナビエリートをカーナビ専用機としてみた場合の完成度は文句のつけようがなく、それは上記の弱点を補って、なおお釣りが来るほどといっていい。要するに、ナビエリートはほかのiPhoneアプリに例がないほど、機能の割り切りをはっきりした個性派だということだ。

とにかく使いやすいカーナビが欲しいという人なら、ナビエリートは間違いなくおすすめできる。リッチな表現での交差点案内、分かりやすくツボを押さえたUI、的確な音声ガイダンス、詳細で見やすい市街地図、バージョンアップで進化する楽しみも享受できる。「iPhoneアプリでもここまでできる」ことを驚きを持って実感し、「もっとできるはず」と思わせてくれるアプリはそうない。

【ドライブレイン ナビエリート インプレ後編】ローカルと通信両面の長所を上手く取り入れた NAVIeliteロゴ 目的地は名称、住所、電話番号、郵便番号、ジャンルなどで検索できる。ガイドブックなどで採用されているマップコードにも対応する反面、フリーワード検索などはない。 VICSによる渋滞情報の表示は高速と一般道で別々に切り換えられるほか、設定によって空き道情報を表示させることもできる。 地図のバージョンは環境設定画面に表示される。常に最新の地図が使えるのは大きなメリットだ。 NAVIeliteはカスタマイズ機能も極めて豊富。できる内容は非常に豊富。ナビ詳細設定と運転支援の設定合わせて50以上の設定項目がある。 あまりにもカスタマイズ出来る内容が多いため、3件までカスタマイズを保存できるようになっている。 特徴的な機能もいくつか搭載している。これは高速道路だけを表示する機能。 特徴的な機能もいくつか搭載している。これは高速道路だけを表示する機能。 こちらは検索したコースに沿って画面がスクロールするオンルートスクロール機能。ドライブルートの確認に便利だ。 NAVIeliteロゴ