シンク社のEV、シンクシティ

2011年6月、2度目の破産申請を行ったノルウェーのEVメーカー、THINK(シンク)社。同社に、ロシアの富豪が手を差し伸べる可能性が出てきた。

ノルウェーのメディア、『NA24』によると、シンク社に対する新たな出資者として、ロシアの富豪、Boris Zingarevich氏の名前が浮上しているという。

Boris Zingarevich氏は、米国の大手バッテリーメーカー、Ener1(エナール・ワン)社の大株主。Ener1は、シンクにバッテリーを供給していた企業でもあり、シンクの株式の約3分の1を保有。その縁で、同氏が浮上したと見られている。

ロシアの富豪がシンク社に出資する可能性を伝えるノルウェーの『NA24』