アストンマーチンV12ザガート

アストンマーチンとのコラボレーションで生まれた『V12ザガート』が記憶に新しいイタリアのカロッツェリア、ザガート。同社が、新たなパートナーとの提携に踏み切った。

これは19日、ザガートが明らかにしたもの。同社の発表によると、ザガートは英国のCPP社と共同出資して、イタリアにCPPミラン社を設立。ザガートは主にデザイン面を担当し、そしてCPPがコーチビルダーとして、ザガートブランドの新商品を共同開発していくという。

英国に本拠を置くCPPは、コベントリー・プロトタイプ・パネルズの略。ロシアの富豪、ウラジミール・アントノフ氏がオーナーであることでも知られる。

CPPは2011年2月、オランダのスーパーカーメーカー、スパイカーカーズ(現在はサーブの親会社、スウェディッシュオートモービル)からスポーツカー事業を買収している。

これまで、様々な身売りの噂があったザガート。しかし、同社のアンドレア・ザガート氏は、「CPPミラン設立により、1919年の創業当初から貫いてきたザガートの独立路線が維持される」とコメントしている。

アストンマーチンV12ザガート アストンマーチンDB4 GTザガート資料画像 マセラティA6G-54GTザガート資料画像 アストンマーチンV8ザガート・ボランテ資料画像 フィアット・アバルト750クーペ・ザガート資料画像