2012年から米国でも生産される日産リーフ

日産の米国現地法人、日産アメリカズは20日、2013年初頭からEVの『リーフ』用のモーターを、テネシー州ディチェード工場で生産すると発表した。

リーフは現在、日本の神奈川県追浜工場だけで生産中。しかし2012年からは、米国テネシー州のスマーナ工場でも組み立てられることが決定している。

日産はディチェード工場を、現地生産するリーフにモーターを供給する拠点に位置づけ。同工場では、年間最大15万ユニットのモーターを製造する計画だ。

日産アメリカズのビル・クルエーガー副会長は、「ディチェード工場が米国でのEV普及に大きな役割を果たすだろう」とコメントしている。

米国現地生産のリーフにモーターを供給する拠点となるテネシー州ディチェード工場 日産追浜工場のリーフ生産ライン