2011年上半期に約33万台を販売したクルーズ

GMの最量販ブランドで、世界120か国以上へ投入されているシボレー。同ブランドの2011年上半期(1〜6月)世界新車販売が、過去最高を記録した。

これは20日、GMが明らかにしたもの。同社の発表によると、シボレーブランドは2011年上半期、全世界で約235万台をセールス。これはシボレー100年の歴史において、上半期としては過去最高の実績だという。

市場別では、地元米国が90万4548台を売り上げ、前年同期比15.6%増を達成。中国も14.5%増の29万7841台と好調だ。

伸び率が最大だったのはロシアで、前年同期比54%増を記録。ブラジルやインドなど、いわゆるBRICs諸国でも、販売を伸ばした。

車種別では、小型セダンの『クルーズ』が、前年同期比132%増の約33万台と牽引。同車は2009年初頭の発売以来、累計販売台数が80万台を超えており、GMによると、2012年末には累計100万台に到達する見込みだという。

小型ハッチバックの『スパーク』も、前年同期比110%増の10万台以上と好調。韓国やメキシコで人気を集めた。『アベオ』(一部市場では『ソニック』)も、15万台以上を売り上げている。

スパークは2011年上半期に10万台以上を販売 アベオ(一部市場ではソニック)の2011年上半期実績は15万台以上