豊中市役所の日産リーフ

オリックス自動車は7月20日から2013年3月31日まで、大阪府豊中市と共同で電気自動車(EV)を使用したカーシェアリング事業を展開すると発表した。

今回、豊中市役所内にカーシェアリング車として日産のEV『リーフ』を1台導入する。平日の業務時間中は職員が利用し、業務時間外は市民に利用してもらう。EVを使ったカーシェアリングサービスを市民に提供することで、低公害車の普及を促進する。

今回の取り組みは環境省の2010年度地球温暖化対策技術開発事業の「EVによる日本版Autolibに関する技術開発」の採択を受けて『大阪EVアクションプログラム』の一環として実施する。

同社は大阪府では今年3月から府内6カ所にEVを導入、カーシェアリング事業を展開している。