米国で改良版の2012年モデルが登場した日産リーフ

日産自動車が2010年末に発売したEV、『リーフ』。米国では、早くも2012年モデルが登場した。

これは19日、現地法人の北米日産が発表したもの。2012年モデルの『リーフ』は、米国の既存ユーザーの声を反映させた改良を施したのが特徴だ。

最大の改良点は、従来オプションだった寒冷地仕様の標準化。バッテリーウォーマー、ヒーター付きステアリングホイール、ヒーター付きシートが標準装備された。

また、上級の「SL」グレードには、DC急速チャージャーを標準化。これは、同グレードを購入した顧客の大半が選択していたオプションで、480Vチャージャーにより、80%のバッテリー容量を約30分で充電できるという便利な装備だ。

2012年モデルのリーフの現地価格は、3万5200ドル(約278万円)から3万7250ドル(約295万円)。従来比で、最大3530ドル(約28万円)の値上げとなった。

米国で改良版の2012年モデルが登場した日産リーフ