プレオF Special

富士重工業は19日、スバル『プレオ』シリーズをマイナーチェンジし、発売した。

プレオシリーズは、ダイハツ工業の『ミラ』ベースのOEM(相手先ブランドによる生産)供給車。

今回の改良では価格を抑えた追加グレード設定のほか、ABSの全車標準装備化やAWD車の燃費性能向上を図った。また、プレオバンにCVTを搭載するなど、市場のニーズに合わせた仕様装備の変更を施し、シリーズ全体の商品力向上が図られた。

追加グレードとして、CDプレーヤー&AM/FMチューナー、マニュアルエアコンなど、快適装備を標準装着しながらも価格を抑えた「F Special」、「L Special」を設定。

また、AWD車の燃費性能を向上したことにより、全車でエコカー減税の75%軽減レベルに適合。購入時の自動車取得税および自動車重量税が軽減される。

価格はプレオF Special(2WD・5MT)、同L Special(2WD・CVT)ともに87万5750円。

プレオF Special プレオF Special