ゼンリンは19日、三洋電機コンシューマエレクトロニクス(三洋CE)製カーナビ向けの2011年度更新版地図ソフトを同社オンラインショップで8月上旬から順次発売開始する。

三洋CEが発売したPND『GORILLA』シリーズや、2DIN-AVNの『MM NAVI』シリーズに対応するもので、機種や更新手段別に9タイトルがラインナップされている。

今回の更新では、2010年11月締めの地図データを収録。新規に開通した有料道路については、2011年3月開通までをフォローする。

HDD用とPND大容量タイプ用では、1303エリアで詳細市街地図データを収録。施設検索データは大容量タイプで約1400ジャンル(約450万件)、小容量タイプで約900ジャンル(約200万件)となっている。

価格は容量・種類別で異なり、1万3650円から2万2050円となっている。7月19日から9月30日までの間にゼンリンオンラインショップで注文すると、標準価格から10%引きとなるキャンペーンも合わせて実施している。