本社

昭和電工は、リチウムイオン二次電池向け部材である人造黒鉛負極材、正負極添加剤、電池包材用アルミラミネートフィルムの各生産設備能力の増強を決定した。

同社では、2013年以降、EVやハイブリッド自動車、蓄電用途向けの大型リチウムイオン二次電池市場が本格的に立ち上がり、需要が急速に伸びることを予想。それに対応するため、大型リチウムイオン二次電池の高容量化や、長寿命化に寄与する部材となる人造黒鉛負極材、正負極添加剤の生産能力を増強する。

また、小型リチウムイオン二次電池市場についても、スマートフォンやタブレット端末の需要拡大によるさらなる成長を予測。リチウムイオン二次電池の小型化を可能にするため、電池包材用アルミラミネートフィルムについても増産する。

同社は、同部材の持つ省スペースや高放熱性などの特長を生かし、環境対応車に搭載される大型リチウムイオン二次電池への展開も加速させるとしている。