日産自動車カルロス・ゴーン社長《撮影 小松哲也》

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は16日、インド第2位の二輪車メーカー、バジャージオートとルノー・日産連合が進めている超低価格自動車の開発が中止されたとの報道に対し「うわさが飛び交っている」と述べた。

ゴーン社長は同日、横浜市にある同社の本牧専用埠頭で記者団と懇談し、「そういううわさが飛び交っているということはある」としながらも、「引き続き協力し、力を尽くしていく、実際の商品が市場にでるまでそういった交渉は続くもの」と語った。

その一方で「時にはアップダウンがあることも認めていかなければならない。パートナーと色々商品について交渉していく中で、意見が違うということもある」とも述べ、協力関係が必ずしも順調に進んでいない面があることもうかがわせた。

本牧専用埠頭を視察するゴーン社長《撮影 小松哲也》 本牧専用埠頭を視察するゴーン社長《撮影 高木啓》 フォークリフトにサインするカルロス・ゴーン社長《撮影 高木啓》 本牧専用埠頭を視察するゴーン社長《撮影 高木啓》 日産自動車カルロス・ゴーン社長《撮影 高木啓》