東京都東大和市内で交通違反の取り締まりを受けた際、警官から反則切符を奪って逃走し、これを阻止しようとした警官をひきずって負傷させたとして、警視庁は12日、同市内に在住する65歳の男を公務執行妨害と公用文書毀棄などの容疑で逮捕した。

警視庁・東大和署によると、逮捕された男は2011年7月5日の午後2時40分ごろ、東大和市狭山付近の市道で軽トラックを運転中、一時停止を無視したところをパトロール中の同署員(56歳の巡査部長)に発見された。

男は「免許を忘れた」と申告。詳しい住所の供述も拒んだことから、巡査部長が不審に思い、職務質問を続けようとしたところ、男は反則切符を奪って逃走。巡査部長は逃走を阻止しようとしたが、クルマにひきずられて転倒。顔を打撲する軽傷を負った。

警察では公務執行妨害事件として捜査を開始。同市内に在住する65歳の男が関与したものと断定し、12日までに公務執行妨害などの容疑で逮捕した。男は無免許運転で、違反摘発時は知人の名前を騙っていたとみられる。

調べに対して男は「無免許運転の発覚を恐れた」と供述。現場から逃走したことについては大筋で認めているが、反則切符の奪取については「警官から渡された」として、これを否認しているようだ。

警察では男が約4年前から日常的に無免許運転を行っていたものとみて、余罪についても追及する方針だ。