福島県警は12日、福島第一原子力発電所から20km圏内の避難指示区域で、パトロールを行っていたパトカーに対し、野生化したとみられる牛2頭が突進。車体が損壊していたことを明らかにした。一時帰宅の住人に対し、牛に対する警戒を呼びかけている。

福島県警・広報課によると、10日午後9時15分ごろ、福島県楢葉町山田岡付近の国道6号で県警特別機動パトロール隊のパトカーが停車したところ、周辺から現れた5〜6頭の牛が車両を包囲。このうち2頭が突進し、運転席側のドアに衝突した。

突進によってパトカーの右側面部が損壊したが、すぐにその場を離れたために以降の損壊は免れ、乗っていた警官2人もケガはなかった。

現場は福島第一原発から20km圏内の避難指示区域で、現在は無人となっている。牛は避難時に住民が解放したものとみられ、耳にはタグが付いていた。

警察では一時帰宅する住人に対して「牛は野生化しているおそれがあり、危険なので近づかないでほしい」と呼びかけている。