三井不動産販売と三井住友カードは業務提携し、法人専用カード「リパークビジネスカード」による「三井のリパーク」時間貸駐車場の利用料金一括決済サービスを7月19日から開始する。

三井不動産販売が展開する総合駐車場事業では「三井のリパーク」として7月現在で全国で約5000カ所、約13万台分の駐車場事業を運営している。

今回「駐車場利用料金の精算や会計処理の手間を解消したい」という法人企業のニーズに対応したサービスを展開する。三井のリパーク時間貸駐車場の利用料金精算時にリパークビジネスカードを利用することで、利用料金の後払い一括決済によるキャッシュレス化、経費処理の簡素化が図れる。

また、毎月の利用料金明細書から利用料金・利用者・利用日・利用駐車場の把握が可能になり、経費管理も容易になる。

利用できる駐車場は約3500カ所で、対象駐車場は三井のリパークのホームページで確認できる。