岩谷産業は、日本エア・リキードからクライオ(低温機器)事業部門を買収したと発表した。

岩谷は、日本エアとの合弁会社でクライオ事業を展開するエーテックの株式を追加取得、出資比率を96%にまで引き上げ子会社化した。

岩谷はエーテックの子会社化により、高圧ガス貯槽・物流関連技術の取得・集積や、LNG事業とのシナジー効果を追求する。

現在、岩谷グループが注力している液化水素事業やLNG事業など、海外の産業ガス事業拡大も視野に入れ、次世代の基幹事業のひとつとする方針。